私の本棚(Amazonストア)
アレルギー・アトピーにやさしい食品(Amazonストア)

2008年10月13日

地震イツモノート



地震イツモノート



2007年4月に発刊された阪神淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアルです。日本の面積は世界の面積の約1/400なのに、世界の地殻エネルギーの約1/10が日本に集まっているという書き出しからはじまります。そのため、『地震が「モシモ」起こったら…ではなく、「イツモ」起こりうるもの』という視点から、防災を考えるきっかけになるようにまとめられた1冊です。

地震など自然災害は、恐怖感もあり、どうしても「万が一」と考えてしまいがちになり、防災グッズだけそろえて満足しがちになるけど、この本を読んでからは、「いつどこでも起こりうるという視点」から、日々の生活に利用しているものをすぐに防災に生かせるようになりたいなと思いました。

他でいただいた資料などとあわせて、サバイバルクッキングやアウトドア、地域でのネットワーク(スポーツを始めたとしたコミュニティー)などが防災に役立ったり、自助から共助、復興に向けて、多くの方の気持ちを知ることができて、とても参考になりました。

アレルギーっ子育児をしていると、多大な不安はあります。まずはアレルギーの有無に関係なく、誰もが命が助かることが最優先ですが、その後、復興に向けての段階で、いろんな壁にぶつかることもあると思います。配給されたものがすべて食べられるわけではないこと、皮膚症状や喘息などの悪化する可能性など、日々の生活以上に予測できないことがあるなと思うので、自分達にできることから、防災について考えていけたらと思っています。


地震イツモノート―阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル

posted by chika♪ at 15:35| その他