私の本棚(Amazonストア)
アレルギー・アトピーにやさしい食品(Amazonストア)

2009年08月13日

「生きる力」をはぐくむ子育て



「生きる力」をはぐくむ子育て



育児には不安や悩みが絶えません。核家族化、価値観の多様化など、昔とは異なる生活の変化に伴い、育児に関する考え方も多様化してきました。この本では、「自立できる子育て」ということで、子ども達に生きる力をつけさせることを主張されています。

外遊び、人づきあい等をはじめとした多くの体験を通して、創造力、苦難を乗り越える力、やりとげることのしつこさなどを身につけながら、社会に出て、自立して生きていく力をつけることができると書かれています。また、生活様式の利便性と子どもの人数の減少により、母親が子どもと向き合う時間が増えていますが、口出しをしすぎない(干渉しすぎない)、手を出しすぎない、見守ることの大切さ、甘やかさない、上手な叱り方など、母親のできることについても書かれています。

親も人間、子もひとりの人間。子どもの成長に従い、どうしても日々の生活の中で、お互いにストレスを抱え込むことも増えています。子どもとうまく向き合えず、叱るつもりが怒るになっていて、それが長引くことも多い中で、この本を読んだので、とても参考になりましたが、逆に、これまでの子育てを振り返ると、自立できない子育てをしているようで複雑な気持ちになりました。まずは自分が少しずつ意識を変えていけるといいなと思いました。



10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て

posted by chika♪ at 02:55| 子育て