私の本棚(Amazonストア)
アレルギー・アトピーにやさしい食品(Amazonストア)

2010年10月23日

泣きみそ校長と弁当の日



泣きみそ校長と弁当の日



「もっと弁当力!!」の記事で書いたように、今年7月に竹下和夫さんの「弁当の日」の講演会を聴く機会がありました。最近図書館で竹下先生の本を見つけたので、初版発行日を見てみたら… なんとその講演会の日、2010年7月7日でした! これも何かの巡り合わせ!ということで早速読んでみました。

小学校中学年頃からの子ども達が読めるように文字も大きく、ふり仮名もふってあるので、とてもわかりやすい構成です。「こげこげ弁当、ピーマンくさい、お父さんの背中、3つのおにぎり、感謝弁当、ぶよぶよのそうめん」と6つの「お弁当の日」の体験談が紹介されています。講演会から約4カ月経ちましたが、このうち4体験談は講演会でもスライドとお話で紹介された記憶として印象的に残っています。それだけ私の心に響くお弁当に秘められた、子ども達や周りの大人の気持ちに溢れたものだったと思います。子ども達が自分の気持ちが正直に出せるようになるだけではなく、周りの大人の心を動かす原動力になっている力強さも感じました。

お弁当に日をしっかりと実践することは大変だと思うけど、子育てに関する悲しい出来事が色々ニュースとなる現代社会だからこそ、やはり必要な取り組みになってくるのかなと思います。まずは子ども達に料理の手伝いや料理をする機会を持たせたいなと思います。



posted by chika♪ at 13:52| 食育