私の本棚(Amazonストア)
アレルギー・アトピーにやさしい食品(Amazonストア)

2010年10月24日

保健室で見るアレルギーの本 B環境のお話



保健室で見るアレルギーの本(3)



2010年1月に発刊された、保健室で見るアレルギーの本 全3巻です。中学の養護教諭の先生が書かれたものですが、アレルギーを持った家族や友達がどのようなことに注意して生活をしているか、どんなことを考えているのかを、「食べ物」、「生活」、「環境」の視点から紹介されています。イラストが多く絵本風で、内容がとてもわかりやすく、理解が得られやすい構成になっていると思います。入学前後からは読み聞かせで、ふり仮名がついているので小学生中学年頃からは自分で読めると思います。

シリーズ3冊目は「生活のお話」で、日々の生活の中でアレルギーの原因になるもの、花粉症の症状や原因とその対策、アレルギーのもうひとつの怖さ、Q&Aなどについてまとめられています。これまでの2冊と同様、知ることからはじめてみようという項目があり、この3冊のいずれにも、「お互いの気持ちを考えてみる」ということについて視点があることがとても嬉しかったです。

今何かしらのアレルギーを持つ方がかなり増えています。環境の中に潜むアレルゲンである花粉、化学物質、ダニやほこりなどは、どんなに努力しても完全排除できないものであるがゆえに、症状や対策に悩むことも多いと思います。食物アレルギーやぜん息、アトピー性皮膚炎以外にも、乳幼児・小学生以降になると環境が原因のアレルギーで悩むことも増えてくると思うので、参考になる1冊だと思います。

「保健室で見るアレルギーの本 @食べ物のお話」の紹介
「保健室で見るアレルギーの本 A生活のお話」の紹介


保健室で見るアレルギーの本〈1〉食べ物のお話
保健室で見るアレルギーの本〈2〉生活のお話
保健室で見るアレルギーの本〈3〉環境のお話
posted by chika♪ at 09:09| アレルギー・アトピー子絵本